保育士に転職したいなら身に付けておきたい知識

保育士に向いている人の性格!転職前にチェックしておきたい条件

向いている仕事

自分に合った仕事をしたいと思っている人は多いでしょう。保育士を目指している人は、どのような性格の人が向いているのか確認しておくことが大切です。自分の性格が保育士に向いているのか調べてみると良いでしょう。

保育士向きの性格

  • 子供が好き
  • 責任感がある
  • 忍耐力がある
  • ポジティブな思考
  • 人の気持ちを理解できる
  • 音楽や運動が楽しめる
  • 話をしっかりと聞ける
  • 言い訳をしない
  • 周囲に相談ができる
  • 体力がある

保育士に転職したいなら身に付けておきたい知識

子供

未経験者でも大丈夫

保育士に転職したい人がいれば、未経験者でも大丈夫な職場を選ぶと良いでしょう。しっかりと周囲の人がサポートしてくれるので安心です。また、未経験者でも安心して働ける職場であれば、仕事に対するプレッシャーも少なくて済むでしょう。保育士としての経験がない人であれば、まずは未経験者でも働くことができる職場で仕事に慣れるのが大切なのです。

勤務時間のチェック

保育士の仕事を探すのであれば、勤務時間についてしっかりと調べておくと良いでしょう。とくに、初めて保育士として働く場合であれば、勤務時間が固定の職場を選ぶのがベストです。不規則な勤務時間だと、慣れるのに時間がかかってしまいます。また、残業があるかどうかも確認しておきましょう。できるだけ残業の少ない職場で働くのが理想です。

保育士が働く施設

保育所

最もポピュラーな施設が保育所です。基本的に保育士の求人情報の中でも、特に多い施設となるでしょう。保護者に代わって子供の保育を行うのです。また、保育所にも認可保育所と認可外保育所の二種類があります。

児童厚生施設

児童館や児童遊園といった施設で働くこともあります。基本的に保育士が児童に健全な遊びなどを教えることになるでしょう。児童の健康増進や情操の育成を目的とした施設として知られています。

児童養護施設

基本的に保護者のいない児童を養護するための施設が児童養護施設です。保育士は、児童が自立するための支援を行います。家庭の事情によって児童養護施設を利用する児童が大半です。

母子生活支援施設

最近増えてきていると言われているのが、母子生活支援施設です。母子世帯の児童を保護し、生活を支援します。生活や教育が困難な母子世帯の児童を、自立できるまで支援するのが一般的です。